Message

私が約5年半のフリーランス生活にピリオドを打ち、有限会社を設立したのが2004年7月1日。偶然ですが、まったく同じ日にフリーマガジン「R25」が本創刊しました。ノオトが10年もサバイブできたのは、創刊準備号からR25にかかわることができたおかげだと思っているので、縁の深さを感じています。

ノオトはこれまで、雑誌やMOOK、書籍の仕事はもちろん、企業ブログの運営やネットプロモーションなど、いわゆる一般的な編集プロダクションとは毛色の違う仕事を数多く経験することができました。いまでは、ネットを主戦場としたコンテンツ メーカーとして、オウンドメディアを中心に良質な記事を量産できる企業に成長しました。月間の制作記事数は、実に200本超に上ります。

ソーシャルメディアの更新・運営・管理も、主力事業の一つになりました。書き手が伝えたいことだけでなく、コンテンツを受け取った読み手がどんな気持になり、次にどうアクションするのか。この意識はこれからのコンテンツ作りに欠かせません。SNS活用を積極的に推進できる企業として、他社にない特色を持つことができたと考えています。

一方、失敗もありました。たとえば、リヤカーに本を積み込んで売り歩く「リヤカーブックス」の通常営業が、わずか1年で終了となった件。コンテンツメーカーの仕事は、記事を書いたり映像を作ったりするだけではありません。面白いアイデアをひねり出し、速やかに実行することにこそ価値があるのです。リヤカーブックスは関係各所でとてもウケたのですが、ビジネス的には成功できませんでした。

しかし、ノオトはこういった失敗を糧にします。10周年を迎える節目に、コワーキングスペース「CONTENTZ」(コンテンツ)をオープンすることになりました。新たなチャレンジは「仕事場の編集」。ここに多くのコンテンツメーカーが集い、ノオトは仲間とともに新しい航海に旅立ちます。

宮脇 淳
代表取締役宮脇 淳

History

2004
7月
目黒区目黒で会社設立(7月1日)
8月
溜池山王のシェアオフィス「SO! Tameike210」へ転出
11月
ライブイベント「orbit blender」のスポンサードを開始
2005年
2月
仲俣税理士事務所と顧問契約を結ぶ
12月
オリジナルドメイン(note.fm)取得し、自社サイトをTypePadで作成
2006年
4月
赤坂の「SO! Akasaka787」にオフィス移転
2007年
2月
目黒駅前にオフィス移転
3月
志村経営労務事務所と顧問契約を結ぶ
4月
地域ニュースメディア「品川経済新聞」創刊
5月
国民生活金融公庫(当時)から借り入れ(キャッシュフローの大切さを知る)
9月
社長がリクルートへ半出向
10月
初の社員旅行(みんなの経済新聞ネットワーク集会@名古屋に便乗)
2008年
4月
経理業務の外部委託を開始
2009年
8月
社長のリクルート出向が契約満了
2010年
3月
IT健保への加入手続き
6月
リヤカーの本屋さん「リヤカーブックス」始動
7月
Jimdo(ジンドゥー)をベースに公式サイトを大改造
10月
品川区上大崎から、港区高輪に本社移転
2011年
5月
現役社員の初結婚式
6月
リヤカーブックスの通常営業が終了(イベント特化型店舗へ業態変更)
10月
求人広告「上司に味噌を塗りたくらない人、募集!」が話題に
2012年
4月
有限会社ノオト和歌山出張所 設立
11月
史上最悪のトラブル発生→翌3月に解決
2013年
1月
品経文化センター第1弾 開催(隔月で定期開催中)
3月
Twitterメディア「トゥギャッチ」創刊
品川区の中学生が職場体験(以後、恒例行事に)
10月
和歌山経済新聞」創刊
2014年
4月
初の新卒社員が入社
5月
港区高輪から品川区西五反田に本社移転
7月
ノオト設立10周年
コワーキングスペース「CONTENTZ」グランドオープン
2016年
7月
CONTENTZ分室「コワーキングスナック」グランドオープン