投稿日:2018年4月10日

エッセイ投稿サイト「ShortNote」の運営を引き継ぐことになりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

有限会社ノオトは2018年4月24日付けで、エッセイ投稿サイト「ShortNote」の運営をシックス・アパート社から継承することになりました。2/26には「4/24でサービスを停止する」と発表されていましたが、今回の事業移管によってこの話は白紙となり、ShortNoteはサービスはいままでどおり継続します。

▼ShortNote のサービス継続と、ノオト社への事業移管のお知らせ(ShortNote)
https://www.shortnote.jp/view/notes/AN2FZxw0

▼シックス・アパート、ShortNote のサービス継続と、ノオト社への事業移管を発表(シックス・アパート)
https://www.sixapart.jp/press_releases/2018/04/10-1300.html

きっかけは3月最終週の日曜朝6時ごろ、ShortNote生みの親の清田いちるさんが、Facebookで「誰かShortNote引き取ってくれる篤志家いないかなぁ…(以下略)」とつぶやきのようなエントリーをしていたのを見かけたことでした。

ShortNoteは、シックス・アパートのいちるさん(当時)が愛情を注いで育ててきたサービスでした。ShortNoteのローンチ前、何かの集まりで一緒に飲んだとき「今度、新しいブログみたいなちょっとしたことを書けるプラットフォームを作るんだけど、ショートノートって名前にしようと思うんだ。ノオトさん的にいいかな?」みたいなことを言われて、全然いいすよー、うちnoteだけど、読み方ノオトですし〜みたいな会話をしたことを、この忘れっぽい私がいまでもよく覚えています。

数時間一人で考え込み、すぐさまいちるさんにDMを送りました。篤志家というか好事家ですけど、ノオトにShortNoteを継承させてもらえませんか、と。

そしたら速攻レスをいただいて、その翌々日にシックス・アパート社のブログ神・平田さんがノオトまで来社してくださり、いちるさんにも会い、社内でもいろいろ協議を重ねた結果、ファーストコンタクトから6日で運営の継承を正式に申し入れました。

シックス・アパートさんがShortNoteのサービス停止を決断したのは、不採算によるものでした。それをノオトが引き取ってうまくいくのか。年度末のメチャ忙しい時期に緊急社内会議を2回も招集しやがって、しかもまたお金にならなさそうな話を始めやがって何考えてるんだこのオッサン……と社員からブーイングされる覚悟もあったのですが、マンダラートをつくって思考を重ね、とても建設的な話し合いになり、最終的には利益とかどうにもわからないけどしっかり楽しくやりますか、俺たち不採算部門をかかえるの得意だしね、みたいなところに落ち着きました。ほんとうちの会社はいい社員しかいない。

ShortNoteの運営を継続させるにはそれなりのランニングコストもかかりますし、より良い場づくりを目指すには人手も必要です。それでも僕らはやると決めたわけで、急に何かを劇的に変えたりはしませんし、現ユーザーのみなさんと対話しながら、インターネットの片隅でよりよいサービスに育てていければと考えています。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

有限会社ノオト 宮脇 淳

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

カテゴリー

  • カテゴリーなし

アーカイブ

タグ