記者、編集者

野阪拓海

 
個の夢が否定されず、それぞれの人が自分らしく生きられる世界を
得意分野
教育、社会問題
好きなもの・ハマってるもの
銭湯、散歩、なにか新しいこと
特技・趣味
英語学習、ブログ、ドラム
経歴
1浪の末、同志社大学社会学部教育文化学科に入学。「日本の教育を変えたい」という思いから、教員や政治家の道を模索するも実情を目の当たりにし、断念。大学2年生のときに起業家の可能性に気付き、いろんな企業のインターンシップ選考を受けるも全落ち。その過程で「自分は何がしたいんだろう?」と考え始め、「メディアを通じて、いろんな選択肢を届けたい」という結論に至る。以降、ライター・編集者として活動し続け、縁あって2018年4月にノオト入社。